風情ある屋形船で宴会を楽しもう

屋形船の料金の違いについて

晴れた少し暑いくらいの時期には、屋形船による舟遊びが人気です。
桜を見ながら川を下るツアーもありますし、鵜飼いなど鵜が鮎を捕まえる様子を見ながら食事をするのも風情があって良いものです。
イメージ的には乗船料金は高いイメージがありますが、実はそれほど高額ではない場合もあります。
船を一艘貸し切る場合や個人で乗り合わせる場合もあると思いますが、ではどちらがお得なのでしょうか?例えば、ある地方の鵜飼舟の料金は月によっても変わってきますが、大船ですと54,000円前後。
小舟ですと29、000円前後となっています。
個人で乗船の場合は大船、小舟を問わず3,600円位となっています。
さて、どちらが得でしょうか?小舟の場合は一艘貸し切りですと10名の乗船が可能です。
そうなりますと、人数が多い場合は一艘貸し切りの方がお得ですし、人数が数名の場合は個人で乗船した方がお得になります。
ですが、仲間内だけで気楽に乗船となりますとやはり一艘貸し切りの方が楽しめそうな感じがします。
場面やメンバーにより乗船の選択が出来る屋形船を探して、舟遊びを楽しく満喫して下さい。

宴会に用いる屋形船の料金相場と利用の心得について

屋形船は遊覧船の一種で、小型の船舶内に飲食を楽しむための座敷があることから宴会などに用いられます。
利用料金は船のサイズや設備の他、観光シーズンなどの要因で変動するので事前の確認が不可欠です。
また、河川を利用する性質上、天候の影響を受けやすい点も注意する必要があります。
強風や大雨などで航行が出来ない場合の補償についても予め確認しておくことがトラブルを回避するための心得です。
屋形船を楽しく利用するためには業者が定めた利用規約を守り、社会的なマナーを遵守するように心がけます。
特に乗員数を超える人数の利用や河川へのゴミの投棄は重大なトラブルの要因になるので業者によっては乗船を拒否されることもあります。
そのため、必ず規約を守ることが利用者に求められる姿勢です。
同じ形状やサイズの屋形船でも業者の付随サービスによって利用料金が異なるので、複数の業者を比較したうえで利用目的に合致している所を選ぶのが快適に利用するための条件です。

pickup

Last update:2017/4/10